西明石と明石の進学塾
          『BCアカデミー』
Home > 西明石校・本科コース(一斉指導)

西明石校・本科コース(一斉指導)

『このままでは公立の受験、無理に』って言われると思っていたけど…。

本科コースは、1クラス10人~15人程度までの教務効率を優先した少人数レッスンと必ず成績を上げる指導力が特長です。

黒板を用いた精練された講義中心の授業は、受験に必要な知識や技術の詰め込み学習だけではなく、「なぜそうなるのか」という理解する過程を大切にした思考力を磨く対話型・参加型の授業スタイルで生徒の勉強に対するモチベーションを高めます。

また創業以来39年間に渡って当塾が掲げる「面倒見主義」とは、きめ細かな指導はもちろん生徒一人ひとりの理解度を確認する作業に手を抜かないということです。

先生が生徒の状況をしっかり把握することで、生徒たちも家庭での学習を疎かには出来なくなります。
そして演習時間の増加が、「わかった」「できた」という喜びの増加にもつながっていくのです。


昨年の卒業生で明石城西高校に合格した生徒の話です。
中2秋に小学校から通っていた某大手塾から変わってきました。
中学のスタートは30番台でしたが、1年後の2年次の1学期期末テストは130番台にまで成績が下がっていました。
7月に当塾の体験授業を受け、本人は入学を希望してくれましたが、大手塾の夏期講習会の申込が6月に行われていたので、入学を先延ばしすることに。
そして夏休み明けの課題テストは更に成績が悪化して140番台に。
入学前の面談でもお母様には「公立高校への進学はギリギリの状況です」と伝えました。
そして1年後の中3秋。
2学期の中間テストで60番台、期末テストで50番台、1月の試験では40番台まで戻してきました。
志望校も、中3の初め第一志望を明石南としていたのを、明石南の推薦、そして明石城西と変わっていき、見事に合格を果たしました。

お母様と中3の夏前に面談でお話した時には「最近は勉強のコツがわかってきたと言い、やる気も感じられるようになってきました。家での勉強時間はあまり増えてませんが、テスト前は塾の自習室を利用して、集中してできるし、分からないところを教えてもらえると言って、出掛けています。最近はテレビやタブレットを見る時間も減ってきて、昨年の今頃はこのままでは公立高校の受験もさせてもらえなくなる…と思っていたので、このまま頑張ってくれたらと思います」という話でした。

子供たちも本当はもっともっと頑張りたいと思っているはずなんです。
ただ、その方法がわからない。あるいは、一人ではなかなか持続できない。

当塾の「面倒見主義」は、そんな子供たちを支え、子供たちのやる気に大いに応えてきました。一度BCアカデミーの学習に触れてみませんか?











お問い合わせ
ブログ更新情報
ブログを見る

QRコード

西明石と明石の進学塾           『BCアカデミー』 モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。