西明石と明石の進学塾
          『BCアカデミー』
Home > 新規開校に向け、ご挨拶

新規開校に向け、ご挨拶

明石太寺校・新規開校のお知らせ

新年、明けましておめでとうございます。

明石太寺地区の皆様、はじめまして、BCアカデミー 塾長の山口です。
この度、明石太寺校を新規開校することになりました。

この地域には当塾の存在は、ほとんど知られていないと思います。
西明石の地域では
BCアカデミー」と言えば、ある程度の知名度があり、今年38年目を迎えた老舗の個人経営の進学塾です。


当塾が長く西明石地区でご愛顧いただいている理由は
「塾生への面倒見の良さ」
「確実に成績を上げる指導」
が地域の皆様に評価して頂いているからだと自負
しています。

当塾の自慢の一つに「継続率の高さ」があります。
つまり「途中退塾者が少ない」ということです。


小学部や中学部から通っている生徒が大学合格まで在籍することが多く、他の塾に通っていた生徒が講習会や体験授業をきっかけに当塾に移ってくることがよくあります。
年度の途中で塾を退塾していく生徒は、在籍生全体の3~5%以内。

 
実は、当塾の広告宣伝は年に数回、新聞への折り込みチラシのみ。「チラシに気付かなかった。もっと入れて」と保護者の方からお叱りを受けたこともありました。


運良く折り込みチラシを目にした方やホームページを見て、体験授業や面談の申し込みを頂きますが、たいていは口コミ。

昨年、新規入学時に実施したアン
ケート調査によると、当塾を知り、入学したきっかけは「塾生や卒業生の保護者伝えに評判を聞いて、問い合わせをしました」という方が全体の70%を超えていました。


過剰な広告宣伝は授業料という形で生徒へ転嫁されます。
教室の収容人数を超え、そして講師の質を落としてまで、塾生を確保しようと思いません。
それは塾人として、当塾を頼り、入学を希望してくれた生徒一人ひとりにしっかりとした指導をしたいという考えが根底にあるから。

ですから、塾長自らが月曜から土曜まで毎日、テキストを片手に黒板の前に立
っています。


当塾では、授業の説明を聞きに来た方や体験授業を受講した家庭への入学を勧
誘する電話は一切しません。


古くて甘い考え方だと思われるかもしれませんが、
「良い授業をして、生徒の成績をしっかり伸ばす」
この基本を守り、きちんと実績を挙げ続ければ、BCアカデミーを評価し、入
学を希望してくれる生徒はまだまだいると考えています。


過去3年の合格実績を挙げると、中学部では塾生の約70%(講習会生は含まない)が、明石北・明石・明石城西へと進学しています。
また高校部は50%超える塾生が、国公立大か私大上位校の関関同立・甲南大への進学実績を残しています。


もう少し細かな実績を挙げると、明石太寺校のご近所にある明石高校の生徒も当塾には多数在籍しており、その明高生限定で進学実績を披露させて頂くと、


一昨年度は岡山大・同志社・関西学院・関西大・甲南大・武庫川女子大へ進学
者あり。


昨年度は神戸大・大阪教育大・兵庫県立大・同志社・関西学院・関西大・甲南
大・近畿大・京都産業大・大阪経済大へと進学者あり。


当塾は成績上位者を選抜して集める大手塾や全国でフランチャイズ展開している個別指導塾とは異なり、入学前の成績は参考程度と考え、誰もが学力を伸ばす可能性を持っているという信念のもと、授業を行っています。


当塾は成績中位層を上位層に引き上げる指導を得意としています。ハッキリ言って、1から10まで説明しなくても理解してくれる成績上位層を指導するのは、とても楽なことなのです。
「勉強することの大切さ」や「わかる楽しさ・できる喜び」を改めて説明しなくても知っているから、生徒のモチベーションを上げるという最も大事な作業ほとんど必要ありません。

 
それに比べると成績中位層や下位層の生徒をお預かりして、モチベーションを高め、きちんと成績を伸ばして実績を上げるのは、時間も手間も本当に掛かり、教わる側はもちろん教える側にも熱意と忍耐力が必要なんです。


しかし、その熱意と忍耐が実り、子供たちの成績が上がり、志望校に合格した時の喜びにあふれた笑顔を見ると、塾人として本当に頑張って教えてきて良かったと大きな幸福感に包まれます。


昨年、明石高から神戸大に合格した生徒は、小4春に当塾に入学してきました。
彼の入学時、お母様からは「学校の授業についていける、普通のレベルになって欲しい」でした。
中1の時の成績は、通知表はほとんど3。成績がメキメキ伸び始めたのは中2の夏から。
明石高校に進学後は、一年の途中から学年2位・3位をキープ。
動部で主将を務め、学業も怠らず、見事に神戸大への合格キップを掴み取りました。

彼のような生徒を一人でも多く育てたいと思います。

私がこの
仕事を生涯の仕事として選択した理由は
「普通の学力の生徒の成績を伸ばし、将
来の可能性を広げ、自立した大人になる、その手助けがしたいから」


その想いは塾人として25年以上経た今も変わりません。
今回の明石太寺校の開校は大きなチャレンジです。
西明石校と同様に、地域の皆様に愛されるように頑張りたいと思います。

 

ここまで新校開設に向けた想いを長々と綴ってきました。
申し訳ございません、現在、開校準備中です。
電話工事・看板設置作業など、年末年始に重なり、もうしばらく時間が掛かります。
また西明石校では中3生対象の冬期講習会の真っ只中、高3生がセンター試験を直前に控え、元旦も自習室に通って来ており、非常に大忙し状態です。

明石太寺校は個別指導専門塾として開校します。
西明石校で既に結果を出している授業スタイルを維持しながら、新しい個別指導を導入したいと考えています。
明石太寺校、開校準備が整うまで、もうしばらくお待ちください。

なお、問い合わせフォームからのご質問などは受付しております。

お問い合わせ