西明石と明石の進学塾
          『BCアカデミー』

高校部

地元の高校生を合格に導くノウハウがあります。

 

何度でも言いますが、BCアカデミーは優秀な生徒を集め、実績を挙げてきた塾ではありません。普通のレベルの生徒を伸ばし、難関大合格まで導くことに楽しみに、熱意をもって指導してきた進学塾です。 

 

西明石校の高校部では7年連続で塾生の半数以上を甲南大ランク以上の大学へ現役合格に導いています。その実績に集団授業の生徒もいれば、個別指導の生徒もいます。 

 

小さな個人塾ですから、毎年20人前後の生徒が受験勉強を戦い、結果を出してきました。 

 

最近では西明石の地元以外からも通ってくる生徒が増えてきました。 

 

当塾がしっかりとした実績を残しているのは、地元の公立校生の成績を伸ばすノウハウを持っているから。 

 

受験勉強を戦う受験生に使用すべきテキストや参考書、そしてその正しい使い方まで教えています。また適切な時期に適切な学習ができるように生徒の動向を細かくチェックし、1人ひとりの学力を把握することにも力を注いでいます。 

 

大学進学を真剣に考えるならば、現在の状況にあきらめるのでは無く、どこかに突破口が無いか、懸命に探そう。

今年の受験生の話です。
明石南の3年生、高3の6月の進研模試で英語が200点中36点、国語は漢文を除くと150点中33点でした。その彼が11月の模試で英語200点中136点、国語は150点中111点まで成績がアップ。偏差値が20ポイント以上の上昇を見せました。
そして先日行われたセンター試験で、英語が133点、国語が117点。生徒自身、私学希望なので全く気にしていませんが、英数国の3教科の得点率は70%を超えています。
信じられますか?
高2の冬の成績は明石南で2ケタ順位に入るかどうかで、指定校推薦を受けられる内申点もありませんでした。

彼が受験勉強をスタートさせたのは、6月の部活を引退してから。
とはいえ、生徒たちがやる気になるまで、のんびりと待つ訳にはいかないので、大学に向けての下準備を高2の冬から少しずつ指示していました。
その指示した内容をクリアしていくと、ある程度の段階まで準備が整い、受験に向けてスタートを切った時にはスムーズな発進が出来るようにしていましたが、この指示をクリアしていくのは生徒一人ひとりの努力ですから。
明南生の彼は、黙々と努力し続け、いよいよ入試本番を迎えます。
何とか結果が出ることを願うばかりです。

当塾には、このような話がいっぱいあります。

短くもう一つ実例を。

高3になる直前の3月に入学してきた明石高校の女の子。

某有名予備校に行くと、国公立志望者は基本コースの受講で70万円以上かかり、夏の講習会や入試直前の講義は更に追加料金がかかると説明を受け「そんな金額は無理だ」と断りを入れ、友達がいた当塾へ。
国公立志望なので英数国を受講しました。
半信半疑で目指していた国公立大。
しかし秋に行われた模試で英語が152点・国語は148点・社会も77点。苦手の数学は40点台でしたが、本当に目指せるレベルまで成績が上がってきていることを実感し、センター試験だけ必要な科目の勉強も始めました。
先日のセンター試験では、英語154点。国語164点・世界史90点、数学は何とか56点を取り、まだ全国平均点なども出ていないので、はっきりしたことは言えませんが本人が第一志望に考えている国公立大への出願は叶いそうです。

成績の良い生徒を集め、指導する大手予備校に行かなくても、地元の普通の学力の生徒を伸ばし、
現役合格に導くBCアカデミーで一緒に頑張ってみませんか? 

  

高校部・講師1人対生徒1人

【費用】

学年

受講選択科目

授業料

授業コース

授業時間

高1

文系科目:英

     9,600

個別指導のみ:4日

 

【1コマ:50分授業】

PM7:15~8:05

PM8:10~9:00

PM9:05~9:55

 

理系科目:数・物・化

 10,500

個別指導のみ:4日

高2

文系科目:英

    10,500

個別指導のみ:4日

理系科目:数・物・化

  11,500

個別指導のみ:4日

高3

文系科目:英

    11,500

個別指導のみ:4日

理系科目:数・物・化

  12,500

個別指導のみ:4日

※授業追加 高1 個別指導1コマ(文+2,400円/理+2,700円)

高2 個別指導1コマ(文+2,500円/理+2,800円)

高3 個別指導1コマ(文+2,700円/理+3,000円)

(注)入学金15,000円・月額諸費・教材費実費が必要です。

お問い合わせ
ブログ更新情報
ブログを見る

QRコード

西明石と明石の進学塾           『BCアカデミー』 モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。